プロフィール
kano-omote
profilephoto
浅草 アミューズ エデュテインメント内 個展での実演にて
面打師 叶 忠鷹 Tadataka Kano

木彫仮面の制作・修復をはじめ、東京・千葉・茨城にて、能面・木彫教室の講師を務めて居ます。

「珍・冗談」を交えて(!?)作品・教室・展覧会のお知らせを致して参ります。

東京は下町・浅草に生まれ、「製造業・手仕事」を経て後、近畿地方一円で古能面探訪に出掛け、一念発起して未知なる面打師の世界を志し、習作を始め、その後に面打師・眥 紘一に師事する。

観世流・宝生流能楽師、大蔵流・狂言方の若手から人間国宝の先生方々まで、国内外の能舞台に於いて、自身が打った面(おもて)を用いて頂く。

平塚八幡宮・御所蔵の面の修復や拙作の奉納をさせて頂き、能楽師の先生・御所有の古面のうつしや修復も行う。

イタリアの仮面劇「コメディア・デラルテ」の仮面作家、ドナート・サルトーリ氏との仮面交流イベントに於いて、面打の実演で参加する。

能楽師の先生方との企画イベントや講座・学校に於いて、面打の実演や能面の解説、能面教室では講師を務め、木彫・面打のご指南を行い「手作り・ものづくり」の面白さを伝える。

リンクをクリックすると、当・Websaiteをご覧頂けますので、宜しければどうぞ!